あしあと画房

 

手のひらに乗るほど小さなころに拾われ、M戸家に引き取られたモモ。

拾われた時にはボロボロで、しっぽを切断しなければいけないほど酷い状態だったそう。その後の献身的な看護が実を結び、見事な長〜い尻尾が素敵な猫になりました。

ちなみに名前が「モモ」なのは、仔猫の時に女の子だと思ったからだとか。

野良だった期間が短いにもかかわらずあまり飼い猫らしくなく、人が来るとすぐに隠れてしまう恐がりでシャイな猫。それでも家族の前ではかわいぃ〜顔を見せてくれるそう。

大人になったモモは、グリーンの瞳と彫の深い顔立ち、チャコールグレーの毛皮が綺麗な美猫なんですよ。

 
モデル:モモ(♂) MIX

製作:'98 10
サイズ:B6
用紙:PMパッド
画材:ヌーベルカレーパステル、カランダッシュ(色鉛筆)、ポスターカラー

記念すべきパステルのペットの肖像画1号。もともとオオカミ専門だったため、猫の体の構造がわからなくて四苦八苦した。

©あしあと画房 2005 - 2011 All Rights Reserved