あしあと画房

コテツ
 

タレスケとマーロンと同じN岡さんのお家の居候。

“墨壷に顔を突っ込んだような子猫” そう言われて見てみると本当に顔の模様がおもしろい。ぱっと見るとどこが鼻??と言いたくなるこの「こてつ」。実はすごい生い立ちがある。

すべては実家から離れて生活しているN岡さんの娘さんが、仕事先で子猫を押し付けられたのが始まりだった。ところが、彼女は某島にいてどうしても島では飼い手がみつからない。
そこで実家へ電話し、お父さんの猛反対をも押し切ってとうとう家へ送り付けてしまった!(当時すでに生き物を宅急便で送ることはできなくなっており、コテツが実家に行くまでにも幾多の困難が…)
かくして思わぬトラブルの巻き添えを食う形で、愛猫を亡くしたばかりのN岡さんは否応無く次の猫を飼うことになってしまったのでした。

絵を描くための写真を撮りに行ったときも、いたずらをしてはお父さんにポーンと放り投げられてました(^^;(まさにこの絵のカットの直後)
でもさすがは猫で、クッションの上で着地するとまたいたずら。

ちなみに現在はスレンダーな白黒ぶち猫に成長しております。意外と成長後の彼は美猫(?)でした。

追記:2007年1月現在、コテツは凶暴な巨猫と化しているそうです…。

 
モデル:コテツ(♂)MIX
製作:'00 12/24
サイズ:インチ(インチサイズの額いっぱいに作画)
用紙:PMパッド
画材:ニューパステル、カランダッシュ(色鉛筆)、ポスターカラーのホワイト

©あしあと画房 2005 - 2011 All Rights Reserved